シャークスチームモップ

シャークスチームモップの特徴

スチームモップと言えば、これと言われるくらい良く知られている「シャークスチームモップ ベーシック」。スチームモップの中でも大変、人気がある商品です。

シャークスチームモップベーシックの特徴は、内部噴出口で100度以上となる高温スチーム。水道水をタンクに入れて、30秒待つだけで、高温スチームが噴出されます。

この高温スチームは、洗剤を使わず、汚れを浮かせるだけでなく、細菌の除菌効果も期待できるため、小さなお子さんのいる家庭や、ペットを飼っている家庭の掃除では、安心して使うことができますね。

また、従来のぞうきんがけでは、しゃがんだり、膝をついたりして行わなくてはならず、腰を痛めてしまったり、高齢者の方はぞうきんがけそのものが大変だったりしますが、スチームモップを使えば、立ったままの掃除で、ぞうきんがけのすっきり感を味わうことができます。

本体の重さは1.4sですから、力要らずで、片手でスーッと掃除ができますね。

シャークスチームモップの口コミ

シャークスチームモップの口コミを楽天市場で拾い集めてみました。

 犬、うさぎ、猫を飼っているので臭いも含め床が汚れるのでいつも雑巾がけ。でもテラコッタタイルは、細かいデコボコがありきれいにならずスチームモップを買おうと思いました。保証が長いのでこちらに。使うとフローリングはさらさら。

タイルもゆっくりスチームをあてると、使用前と色が違いサラサラになりました。劇的に落ちた感じはしないけど、サラサラ感がちがうし臭いも落ちてます。

 うちにはやんちゃ盛りの男の子が2人居るので、毎日拭き掃除は欠かせなかったんですが、これがあれば面倒な拭き掃除をしなくて済むので、本当にありがたい商品です。スチームがものすごく出て、子ども達が水性ペンで書いたイタズラ描きもあっとゆうまに落ちちゃいました。

 床がサラサラになりますが、ワックスが落ち艶がなくなりました。

 うちの黒ずんだフローリングがピカピカになるのかという期待のもと購入。ピンク色はかわいいし、確かに軽い。でも、試して大丈夫だった床に2箇所丸い白いしみがついたし、掃除したあとにはぴかぴかではなく蒸気が乾ききらないのかべたべたして、とても素足では歩けないし、しつこくこすらないと汚れも落ちないし、期待はずれでした。

 大掃除で役立つかと思っていましたがさほど汚れも取れずこれなら雑巾での掃除の方がいいなと思ってしまいました。期待していただけに残念です。

 シャーク スチームモップ ベーシック

人気のスチーム掃除機を比較してみました

数あるスチーム掃除機の中でも現在、注目を集めているのは、シャークスチームモップポータブルとH2Oウルトラスチームマスターです。

シャーク スチーム ポータブル

H2OウルトラスチームマスターX5

H2OウルトラスチームマスターX5

シャークはポータブルタイプ、H2Oはモップとポータブルの両方で使えます。

ポータブルタイプは床以外のあらゆる場所の掃除に使えるので普段の掃除から、大掃除まで非常に重宝します。台所、お風呂場、洗面所、トイレ、サッシ、窓ガラス玄関など、掃除が面倒で汚れやすい場所に絶大な威力を発揮します。

用途によって付け替えられるアタッチメントの数はシャークが4個H2Oが11個

重さはシシャークが1.5sと軽く、シH2Oが3.7s

個人的にはマメに使いたいという方にも、集中して大掃除したいという方にも軽いシャークがお勧めです。H2Oは口コミでも重い、という声がかなり寄せられています。

掃除機が重いと、取り出して使うこと自体が段々ストレスになり、結局使う回数が減ったり、使わなくなったりする人が多いのでは?

(H2Oは附属アタッチメントが本体裏に収納されているので、それらを全て取り外せば1.7sになりますが、いちいちはずすのも、しまうのも面倒ですし、常に取り外すと収納がかさばります。)

しかし、掃除が好きで億劫ではない方なら、少々重くても、アタッチメントの数が多く、どんな場所でも徹底的に掃除できるH2Oを使いこなすことができそうです。

シャークポータブルは床用モップとしては使えませんが、モップタイプとのセット販売もあり、(+シャークスチームモップ )別々に買うよりお買得。セット価格でもH2Oとほぼ同額です。

ちなみに、シャークは39日間の返金保証がついていますので、安心して購入できます。自分の性格と掃除方法、頻度を考えて、選択してみるとよいでしょう。

 シャーク スチーム ポータブルの詳細はこちら

 H2OウルトラスチームマスターX5の詳細はこちら