スチームクリーナー

口コミ評価の高いハンディタイプのスチームクリーナー

人気の高いハンディタイプのスチームクリーナー

スチームを利用した掃除機の中でも、ハンディタイプの掃除機は、口コミ評価も高く、満足している方が多いようです。

ハンディタイプのスチームクリーナーは、持ち歩きしやすいため、家の中のあちらこちらで使用できることが人気の要因となっています。

ハンディタイプのスチームクリーナーでは、シャークスチームモップポータブルが一番軽量です。反対に一番重いものが、エコクリーンEXですが、エコクリーンEXには肩ベルトが付属しており、肩からかけて掃除することができるので、一番重いといっても、操作性が悪いと言うことではありません。

また、高温スチームを生み出す水の容量は、エコクリーンEXが一番大きく、1.5L、H2Oウルトラスチームマスターが700ml、シャークスチームモップポータブルが450ml、ドラゴンジェットが300ml、スチームジェットクリーナーが175mlとなっています。

ノズルやアダプターの数は、H2Oウルトラスチームマスターが11種類、エコクリーンEXが7種類、ドラゴンジェットと、スチームジェットクリーナーが共に6種類、 シャークスチームモップポータブルが種類です。

一口に、ハンディタイプのスチームクリーナーといっても、タンク容量が倍くらい違いがある場合もあるので、どんな場所に、どれくらい使いたいのか、自分の使用方法や使用頻度を考えて商品を選ぶようにするといいでしょう。

 注目度1!!ハイパワーなハンディタイプスチーマーが新登場!!

H2OスチームFX

シリーズ1000台以上の販売台数を誇る人気のH2Oスチームシリーズからハンディタイプのスチームクリーナーが新たに発売されました。

最大の特徴は軽量コンパクト+蒸気パワーの強さ

口コミでも、

  • 「軽いので手軽に使え、置場所にも困りません」
  • 「他社に比べて蒸気のパワーが段違い」
  • 「持ち運びも便利で色々な場所を掃除出来る」

と非常に高評価なのレビューが目立ちます。

従来の多機能なH2Oスチームシリーズの最大のデメリットである重さと分解する手間のわずらわしさを克服し、手軽にお掃除できる点が喜ばれています。

ちなみにH2OウルトラスチームマスターX5の約2.64kgに対し、H2OスチームFXは約1.2kg(どちらもタンク満水時)と約半分の重さです。

更に、アタッチメントの付け替えで、

  • ナイロンブラシ取り付けで細かい隙間の汚れを吹き飛ばす!!
  • ワイパーパッド取り付けでフローリング・絨毯・畳を効率的にお掃除!!
  • 衣類用パッド取り付けで洋服やカーテンのしわ伸ばし&消臭にも!!

家中お掃除できてピカピカにできる優れもの。

H2OスチームFXのメリットをまとめると、

  • 水だけでお掃除〜油汚れも気になる場所の除菌・消臭も!!
  • 蒸気のパワーが凄い〜高温・高圧110℃の強力スチームで除菌率99%
  • コンパクト軽量〜手軽に持ち運べて、色々な場所を掃除出来る!!
  • アタッチメントの付け替えで1台3役!!

更に

  • レビューを書けば約32%OFF〜15800円(税込)⇒特別価格10800円(税込)に

H2OスチームFXは口コミ評価を見ても、大掃除でかなりの活躍が期待できそう。

今年度の注目度1のスチームクリーナーで家中ピカピカにしてみませんか。

 H2OスチームFXの詳細ページへ

スチームモップの比較

スチームモップで楽々お掃除!

今、人気の掃除道具、スチームモップ。スチームモップは、大きく分けて2つに分けることができます。

1つ目のグループは、シャークスチームモップ、H2Oスチームモップ、ケルヒャースチームクリーナーなどの、有名で高額な商品群。

もう1つが、ハイパースチームモップ『スチーモ』、スチームモップスリム、シャインジェット、スチームワイパーのような、ディスカウントショップやホームセンターでも安売りされているような安価な価格帯の商品群です。

この2つの商品群は、価格が倍くらい異なるケースもあるので、納得のいくものを選ぶようにするといいでしょう。

また仕様に関しては、スチームモップは、各社大きな違いが少ないのが現状です。見た目でわかる違いとしては、色、先端のパットの形、タンクの位置、グリップの形状くらいでしょう。

先端のパットの形は、三角形のパットか、長方形のパットです。

三角形のパットは、先端の細さを利用した、細かい掃除が得意のようですが、床掃除がメインで、他の掃除をあまりしないのであれば長方形パットで十分でしょう。先端パットをじゅうたん掃除の際にずれないように押さえる器具が付いている商品もあります。

スチームモップは、高額でも使っている人が多く、保証もしっかりしているメジャーな商品にするか、安価で、近くのお店でも手に入るような低価格帯の商品を選ぶかの2択になりますが、どれくらいの頻度で、どんな場所の掃除に使うのか、はっきりさせてから購入するようにすると、より細かな仕様を比較して、スチームモップを選ぶことができるようになるでしょう。

人気のスチーム掃除機を比較してみました

数あるスチーム掃除機の中でも現在、注目を集めているのは、シャークスチームモップポータブルとH2Oウルトラスチームマスターです。

シャーク スチーム ポータブル

H2OウルトラスチームマスターX5

H2OウルトラスチームマスターX5

シャークはポータブルタイプ、H2Oはモップとポータブルの両方で使えます。

ポータブルタイプは床以外のあらゆる場所の掃除に使えるので普段の掃除から、大掃除まで非常に重宝します。台所、お風呂場、洗面所、トイレ、サッシ、窓ガラス玄関など、掃除が面倒で汚れやすい場所に絶大な威力を発揮します。

用途によって付け替えられるアタッチメントの数はシャークが4個H2Oが11個

重さはシシャークが1.5sと軽く、シH2Oが3.7s

個人的にはマメに使いたいという方にも、集中して大掃除したいという方にも軽いシャークがお勧めです。H2Oは口コミでも重い、という声がかなり寄せられています。

掃除機が重いと、取り出して使うこと自体が段々ストレスになり、結局使う回数が減ったり、使わなくなったりする人が多いのでは?

(H2Oは附属アタッチメントが本体裏に収納されているので、それらを全て取り外せば1.7sになりますが、いちいちはずすのも、しまうのも面倒ですし、常に取り外すと収納がかさばります。)

しかし、掃除が好きで億劫ではない方なら、少々重くても、アタッチメントの数が多く、どんな場所でも徹底的に掃除できるH2Oを使いこなすことができそうです。

シャークポータブルは床用モップとしては使えませんが、モップタイプとのセット販売もあり、(+シャークスチームモップ )別々に買うよりお買得。セット価格でもH2Oとほぼ同額です。

ちなみに、シャークは39日間の返金保証がついていますので、安心して購入できます。自分の性格と掃除方法、頻度を考えて、選択してみるとよいでしょう。

 シャーク スチーム ポータブルの詳細はこちら

 H2OウルトラスチームマスターX5の詳細はこちら